クレジットカード 年会費手数料 注意点

クレジットカードの年会費手数料の注意点

クレジットカードの年会費

クレジットカードには、手数料が必要なものがあります。

 

買い物などにクレジットカードを使用する場合に発生する手数料とは、どのようなものでしょう。

 

手数料の詳細は、クレジットカードによって様々なものがあります。

 

クレジットカードには、手数料がほぼ発生しないものから、多額の手数料が必要なものまであります。

 

何をすると手数料が必要になるクレジットカードなのかは、あらかじめ理解した上で使うようにしましょう。

 

オーケー左

年会費として、毎年決まった時期にクレジットカードの手数料を請求するというカード会社もあります。

 

年会費はクレジットカード会社によって色々で、年会費30万円以上のカードから、年会費無料のカードまで、実に色々です。

 

これてま゛クレジットカードを持ったことがなく、使い道が定まっていない人や、使用頻度がかなり少ない人もいます。

 

ひとまずクレジットカードを年会費無料でつくり、使用の感触を確かめたいという人もいるようです。

 

クレジットカードによっては、カードを一定金額以上使わないと年会費が発生するなど、条件づけがされている場合もあります。

 

空港のラウンジが使えたり、旅行保険に入っている扱いになるなど、様々なサービスがついているようなクレジットカードもあります。

 

手数料のかかるクレジットカードは、その分付帯サービスのグレードが高いものもあります。

クレジットカードの手数料

カード会社によって、クレジットカードの手数料の設定は違います。

 

クレジットカードの手数料は色々ありますが、そのうち発行手数料とは、カード発行時にかかる費用です。

 

基本的に、クレジットカードの発行手数料はかかりません。

 

解約手数料とは、カードを破棄したい時に発生する手数料のことです。

 

ポイント右

現時点では、ごくわずかなカード会社が試験的に解約手数料を請求していますが、大抵の場合は手数料なしで解約手続きができます。

 

クレジットカードの解約時に解約手数料が必要になるかは、未だに未知数の部分です。

 

分割払い、リボ払い、一回払いなど、クレジットカードで決済をした場合は、どんな支払い方法を希望するかを選択できます。

 

ボーナス払いや一回払いのような返済方法なら手数料はありませんが、何度かに分けて少しずつ返済する時には、手数料が発生することになります。

 

もしも、クレジットカードの支払いを数度に分けて行うなら、ほとんどの場合手数料が発生するようです。

 

クレジットカードがリボ払い専用のカードの場合、一度で払い終えても手数料がかかるケースがあると言われています。

 

クレジットカードの支払いを決める時には、最終的な手数料がいくらになるかを計算した上でカードを使うといいでしょう。

 

円滑にクレジットカードを利用するには、決済の都度、手数料がいくらになるかを確認することです。

クレジットカードの注意点

クレジットカードで決済をすると、手数料が必要な場合があります。

 

決済時にクレジットカードを使う可能性があるなら、手数料について理解しておきましょう。

 

ダメ左

カードの提携店舗によっては、本来はしてはいけないクレジットカードの手数料のかけ方をすることがあります。

 

本来は請求できない手数料を請求する店があります。

 

悪質な店舗によっては、本来のクレジットカード支払い額に、金額を水増ししてくるところもあるといいます。

 

身に覚えのない請求が来ないように、クレジットカードで決済をする時には、カードの支払い金額や、カードを受け取った店員の振る舞いに注意を払うようにしましょう。

 

もしも、店員がクレジットカードを持って別室に行った場合などは、用心した方がいいようです。

 

本来、カードの提携店は、クレジットカードでいくらの決済をするかを、指定できないということになっているようです。

 

店舗によっては、クレジットカードの利用下限額が決まっているようなところもあるようです。

 

クレジットカードでの益が少ない店や、混雑防止のためにカード決済を制限したい店などです。

 

割引サービスを使うとクレジットカードが使えないなどの条件がつけられている店舗が多いのは、クレジットカードの小口利用者が多くなると手数料が大きくなるためです。

 

手数料とクレジットカードの関係を知っておくことで、手数料を抑えながらクレジットカードが利用できます。

トップへ戻る