学生キャッシングってなに?

学生用のキャッシングサービスとして、学生キャッシングと呼ばれるものがあります。

 

少し前までは、学生がキャッシングを使いたいと思っても、学生であるという理由で断られていました。

 

この頃は、毎月にある程度の収入があり、成人していれば、社会人でなくても学生がお金を借りたい時はキャッシングができるようになっています。

 

ポイント右

たとえ学生でも、不測の事態などで融資を受ける必要性が生じることがあります。

 

食費や学費以外でも、友達と遊ぶときにかかるお金や、就職活動の遠征費など、学生であっても意外とお金がかかるものです。

 

時間は確保できても、先立つ資金がないと感じている学生は、大勢いると言われています。県外で一人暮らしをしている学生の場合、思いがけず現金を用意しなければならない時に頼るすべがありません。

 

キャッシングのメリットの一つに、手続きをするとすぐにでも融資が受けられることがあります。

 

学生証など身元を証明できるものを提示し、必要書類を作成して、審査を受けることは、普通のキャッシングと同じです。

 

ですが、気軽に申し込みができるようになっています。数多くの学生が、1970年ごろから学生キャッシングをつかっています。

 

いかに利用者が多いか、たくさんのキャッシング会社が学生を対象にしていることで伺えるでしょう。

学生キャッシングを利用する?

キャッシングから融資を受けたい学生の事情によっては、親に知られることなくお金を借り、こっそり返済をしたいという人もいます。

 

それほど後ろめたいことではなくても、親に心配をかけたくないといった理由から、内緒のキャッシングを希望している学生も少なからずいます。

 

学生キャッシングの多くは、親に話をしないで欲しいと事前に言っておけば、第三者に気づかれないようにしてくれます。

 

オーケー左

アルバイト先に在籍確認のための電話をかける場合も、金融会社であるとは名乗らず、普通の知り合いのような連絡をしてくれます。

 

郵送が必要な書類がある場合、金融会社の名前を書かずに出すことで、親や下宿先に事情を知られないようにしてくれます。

 

融資を行う側としても、不用意に融資の事実を漏らして学生を不安にさせないようにしています。

 

ですが、返済を期日通りにできていない時には、金融会社としても黙っていられません。借りたお金を返さない人に対しては、電話をかけてきて返済を促します。

 

請求書なども、金融会社の社名を前面に押し出してもくるでしょう。誰にも気づかれずにキャッシング融資を受けたいならば、返済条件を守って、滞納しないようにすることです。

 

借りたお金をきちんと返済する学生なら、キャッシングとしても、情報漏れを防ぐために協力してくれます。返せないお金は最初から借りないようにすることが、学生キャッシングを利用する時の心構えです。

学生キャッシングの注意点とは?

人から借りたお金は返さなければいけないということは、学生キャッシングでも当然のことです。返済日の取り決めをした上で、融資を受けるという形になります。

 

今を何とかするために、先々の返済の見通しが立たないお金を借りても、トラブルの元です。

 

家族に頼らざるをえない状況になってしまったり、アルバイトを増やさざるをえず、学生生活がおろそかになることもあるようです。

 

ダメ左

学生キャッシングを使う時は、無理なく返済できる範囲での借り入れに留めましょう。

 

また、非合法な業者につけ込まれて、不要なキャッシングをすることにならないようにしましょう。

 

キャッシングの利用時には、返済までの計画を事前につくってみることです。

 

無料で利用できるキャッシングのシミュレーションサイトで、完済までの返済計画をつくりましょう。

 

借入金と金利、返済回数などを入力すると、月々の返済金額が算出されます。

 

金融会社によっては、学生キャッシング以外の金融商品でも、学生が利用できることがあります。

 

20歳以上で、アルバイトなどでの毎月の収入が確保できていれば条件は満たしています。

 

どのキャッシング会社から融資を受けるか、学生キャッシングの場合でも事前のリサーチが大事です。

トップへ戻る