ブラックリストと融資の申し込み

ブラックリストに入っていると、融資を断られるのではないかと危惧している人は多いようです。

 

一体、ブラックリストとは、何なのでしょうか?

 

よくブラックリストと言われますが、実際にはそういうものはありません。

 

ローンやキャッシング、クレジットカードの手続きをすると、必ず審査があります。

 

審査の内容は各社によって違いますが、信用情報会社の情報照会は、必ず行われます。

 

そこには過去の融資状況のほか、過去に延滞や返済不能などが載っています。

 

自己破産をしたことがあるかや、債務整理をしたことがあるか、返済トラブルを起こしたことかあるかなどがわかってしまいます。

 

ダメ左

返済を遅らせたことがあるような人は、審査の評価が不利になってしまいます。

 

ブラックリストという表現は、信用情報会社に自己破産や延滞の記録が残されており、金融会社の審査にはまず通らない状態にあるような人のことを指しています。

 

ブラックリストに入るような状況とは、過去に返済に関するトラブルを起こしたことがある人だけです。

 

大口の融資を受けていても、滞らせずに返済をしていれば、それは返済実績としてプラスに評価されます。

 

自分がブラックリストに入っているかは、信用情報機関に照合すればわかります。

 

身分証明書を出し、開示に必要な手続きをとることで、自分の信用情報がどうなっているかがわかります。

 

信用情報会社の情報は、外部に出ないように厳重に管理されています。

 

事前に自分の信用情報を照合してから、融資の申し込みをすることで、ブラックリスト関係の懸念は排除できます。

ブラックリストが及ぼす影響

ブラックリストに名前を連ねていると、融資にどう作用するのでしょう。

 

前提として、ブラックリストに名前が入る状態になったとしても、クレジットカードの使用などに支障はありません。

 

支払いに問題が生じている時などは、影響があります。

 

オーケー左

ですか、特に問題なく利用できているクレジットカードである限り、ブラックリストに入っても、新たに問題が生じるということはありません。

 

同様に、利用中の融資の返済を、すぐに迫られたりということもありません。

 

家族や親族への弊害や、就職や資格取得に不利になることもありません。

 

新規の融資については、ブラックリストに名前があると諦めざるをえません。

 

ブラックリストに名前がある人は、クレジットカードを新しく発行してはもらえません。

 

新規融資や、新しいクレジットカードをつくる時は審査がありますが、ブラックリストに入っているとこの審査をクリアできません。

 

最近は、クレジットカードでの家賃払いが条件になっているアパートかありますが、ブラックリストに入っていると、入居用のクレジットカードがつくれず、住めないということがあります。

 

今まで使っていた融資やカードは、ブラックリストに入っても、問題なく使えます。

 

ですが、新たなショッピングローンや、自動車ローン、不動産ローンなどか利用できませんので、時には不都合が生じることがあります。

 

一番大切なことは、ブラックリストに入らないように、返済が遅れたりしないようにすることです。

 

返済が行き詰まりそうだと思ったら、融資を受けずに他の方法での状況打破を考えましょう。

 

無理なく返済できる範囲でのみの融資を受けて、ブラックリストに名前が載って生活が不便になるようなことは避けましょう。

ブラックリストとヤミ金融

ブラックリスト入りすると、融資を申し込んでも審査に通らなくなります。

 

ですが、ネットの広告では、ブラックリストでも融資OKという文言を見かけることがあります。

 

どの金融機関からも融資を断られているブラックリスト入りの人は、ブラックリストも可という言葉に乗せられてしまうことが珍しくありません。

 

ダメ右

けれども、大抵の場合、ヤミ金融業者が客集めに使っているものです。

 

融資が受けられずに困っている人の弱みにつけこみ、高金利で融資を行ったり、高い手数料を取ったりします。

 

借りたお金が返せないとなると、暴力に訴えても返済させます。

 

ヤミ金業者の中には弁護士の後ろ盾を得た状態で、不法行為まがいのことをしようとします。

 

審査のたぐいには一切通らないというのが、ブラックリストに入った人の原則です。

 

ブラックリストに名前が入っている状態でも融資が可能という相手がいたら、疑ってかかる必要があるかもしれません。

 

ブラックリストから名前を外すことができるというアプローチをしてくる金融会社もあるようです。

 

ですが、ブラックリストから名前がなくなるには、一定時間を要する以外にはありません。

 

ブラックリストの名前は、特定の金融機関が消したり、つけたりするものではありません。

 

大抵は別のヤミ金融を紹介されて、再び返済のできない融資をするハメになってしまったりします。

 

延滞や、返済不能になったことがある人がブラックリストに載っているわけです。融資の返済でそう何回も問題を起こすわけにはいきません。

 

困っている時は、普段ならうそだと見抜けることでも、つい騙されてしまいがちです。ブラックリスト入りしている時こそ、融資には用心しましょう。

トップへ戻る