キャッシングで延滞すると受けてしまう不利益

キャッシングを利用する時は、期日までに返済ができないとペナルティーを課せられる可能性があります。

 

期日までに返済をしないと、延滞利息がつき、支払うお金が増額されます。

 

キャッシング会社によって遅延損害金と記されている場合がありますが、内容としては同一のものです。

 

返済期日を延滞した時に、延滞利息がプラスされます。

 

借りているお金を返す時は、借入利息に延滞利息を加えて返さなければなりません。

 

もしも延滞利息がついたら、法律上でぎりぎり違法にならないくらいの利息が上乗せされますので、支払いが大変です。

 

返済を遅らせると、利息が高くなってしまって、支払総額がアップするという形になります。

 

また、延滞をするとキャッシング履歴に残ってしまいます。

 

金融会社は、新しいローンを組む時などの審査では信用情報会社に照会をかけます。

 

延滞の履歴があるとこの時に確認されてしまいます。

 

延滞したという記録が、信用情報機関に残ってしまうと、ほかのキャッシング会社など新規で借入れができなくなってしまいます。

 

延滞は避けがたいという事態になったら、期日を過ぎる前にキャッシング会社に連絡をして、現在の状況について話をしましょう。

 

何も言わずに延滞をするより、延滞する事情を話、これからどうするかを伝えたほうが、融通をはかってもらいやすくなります。

 

状況次第では、その月の支払いを少なくして残りを翌月以降に回したり、返済日を数日スライドさせるなどの対処が可能なこともあります。

 

キャッシングの延滞はできるだけ避けることが大事

借りたお金は、取り決めた日までに返済するものですが、やむをえず延滞する場合は、どんな対応をされるでしょう。

 

融資を受けた時に返済日が設定されますが、その日までに返済ができないと延滞という状態になります。

 

キャッシングをしている時に返済を延滞してしまうと大きなトラブルの元になります。

 

お金を借りる時は、返済日までに返せる範囲で借りることが大事です。

 

期日を過ぎてしまったのに、返済ができてなかったという時は、できるだけ早く返済を済まさなければ信用情報にマイナスの評価が残ることになるでしょう。

 

信用に傷がつくというのは、信用機関の情報に返済時のトラブルとして記録が残ってしまうのです。

 

今まで延滞履歴がある人は、車や家を買うためにローンを組もうとしても、審査でキャッシングの利用履歴を調べられると、低く評価されます。

 

クレジットカードをこれからつくりたいという人も、審査に通れないことがあります。

 

ですから、キャッシングの延滞をしないというのはとても重要なポイントになります。

 

つい返済日を忘れていた程度なら、催促が来る前にサッと入金を済ませておけば問題にならないこともあります。

 

ですが大幅な延滞は、遅延金の支払いに発展することもあります。

 

やむをえない事情などで延滞せざるを得ない時には、早い段階でキャッシング会社に連絡を取り、事情を説明したほうがいいでしょう。

 

会社によっては返済額をその月だけ応急的に減らしてくれたり、支払日を少し先に変更してくれたりの措置を講じてくれる場合があります。

 

キャッシングで延滞した時には借り入れが困難になる

キャッシングを延滞すると信用情報に傷がついてしまいローンを借り入れる際に問題が起きてしまいます。

 

キャッシングをすると翌月からしっかりと返済をしていかなければなりません。

 

お金を借りた時に、一度の返済で払い終われば話は早いですが、借りた金額によっては一度では払いきれませんので、月に一度の支払い日に何度かに分けて返済をします。

 

この時に、返済日までに決まった金額を返済できなければ、延滞と見なされます。

 

この場合、延滞時のペナルティーとして利息が多くなりますので、完済までに必要な金額が増えてしまいます。

 

キャッシング会社から借りたお金を期日までに返せれば、延滞料金に悩まされる心配もありません。

 

うっかりして忘れやすい人は、延滞しないための対策を講じることをおすすめします。

 

キャッシングの返済をきっちりと忘れないようにカレンダーにチェックをしておいたほうが良いかもしれません。

 

手帳を使うなどして返済日をチェックしておけば、別件で忙しい時でもキャッシングの返済日があることを思い出せます。

 

繰り返し延滞をしていると、信用情報に事故情報として残されてしまうことも意外とあります。

 

新たに借り入れをしたくても、過去に延滞の記録が残っているために借りづらくなるケースもあります。

 

一度でも延滞をすると以後の金融サービスが利用しづらくなってしまいますので、借りたお金を期日までに返すことは徹底しましょう。

 

フリーローンによるキャッシングのメリットと審査や注意点

お金に困ったときに便利なのが消費者金融や銀行のサービスであるフリーローンのキャッシングです。

 

フリーローンの特徴は、その名の通りどのような目的のためでも利用可能な点です。

 

フリーローンは、金融会社が顧客の返済能力を審査で見極めた上で有しを行うため、保証人や担保がなくてもお金を借りられるという利点があります。

 

融資を受けるためには、コンスタントな収入があり、貸したお金の返済が可能だと認めてもらう必要があります。

 

かつては審査が終わるまで数日待たなければなりませんでしたが、即日融資をする金融会社も多くなり、申し込みから数時間でお金を借りることもできます。

 

キャッシングやフリーローンを利用する人は大勢いますが、融資可能な金融会社も多くなっています。

 

どの金融会社から借りようかと迷ってしまうこともあるでしょう。

 

金融機関によって金利にばらつきがあり、かつてのように20%を超えるような高金利を設定したフリーローンのキャッシングはもうありません。

 

それでもたとえば18%の金利を設定しているところと、10%以下の金利を設定しているところでは、返済総額がかなり変わってきます。

 

低金利で融資を受けることができれば返済総額も下がりますので、金利の低さは大事になります。

 

金利だけを単純に比較した場合は、消費者金融系よりも銀行系キャッシングのほうが断然有利です。

 

審査のハードルが高めに設定されていたり、審査の待ち時間が長いことが銀行系のネックです。

 

銀行のキャッシングを始めに申し込み、審査でNGが出たら消費者金融系に申し込んでもいいかもしれません。

 

キャッシングとカードローンの違いと特徴

今すぐにお金を用意したい時でも、ローンのキャッシングで手軽に借りてこれます。

 

金融会社のサービスという点ではキャッシングもローンも一緒ですが、厳密には違っている点も存在します。

 

キャッシングとは、個人を対象にした小口の融資のことです。

 

最近はクレジットカードの融資枠に対してもこう呼びます。

 

クレジットカードにはショッピングをする時に支払いに使えるショッピング枠と現金を引き出して借り入れするキャッシング枠があります。

 

キャッシング枠のあるクレジットカードを所持しているなら、もう審査はクリアしているのですぐにでも借りられます。

 

一方でカードローンというのは、消費者金融や銀行などで発行されるローン専用のカードのことです。

 

多くの人は、現金を借り入れるために金融会社を訪れます。

 

ローンとキャッシングはどちらか使いやすいなども、個々人の状況によって異なる結論が出るものでしょう。

 

クレジットーカードに付帯しているキャッシング機能は、使わないなら借り入れ上限を0にしておけばいいですし、使う時は審査はもう終わっていてすぐにでも借りられます。

 

ですがカードローンの場合は、一度申し込みをしてから審査通過後に初めて入金されるので思い立ったらすぐにお金を借りるのは難しいでしょう。

 

少額でもいいので気軽に借りたいというという人は、キャッシングのキャッシング枠からお金を借りてもいいでしょう。

 

ただキャッシング枠については、クレジットカードの申込時に申請しておかないとすぐに利用することができないので注意しましょう。

 

トップへ戻る