キャッシングの増額で注意しておきたい点

キャッシングをしたことがある人なら、キャッシングの限度額は増額できることが知っているはずです。

 

つまり、借りているお金をきちんと期日までに返済していて、延滞していなければ増額することができます。

 

返済トラブルが無ければ、良質の顧客であるとみなされて、借入可能な金額を増やしてもらえるのです。

 

これまできちんと返済をしていた人なら、もっと融資を受ける必要があるという場合、キャッシングに相談して増額の交渉ができます。

 

別のキャッシング会社に新規に申し込んで審査を受けるよりは、今借りている会社で借入額を増やしてもらう方が、手続きは簡単です。

 

キャッシング会社の信用を得るには、限度額を増額してもらい、借りたお金をきちんと返済し続けることです。

 

それが今後の増額につながります。金融会社から融資を受けることをキャッシングといいますので、借りたお金は利息をつけて返済しなければなりません。

 

ですから、増額をしてもらうと、使える分は確かに多くなりますが、その反面、返済する分もまた増えてしまうわけです。

 

そのことをきちんと理解して使わないと、増額してもらったのはいいものの返済できなくなり、債務整理をするということにもなりかねません。

 

今まで延滞をしたことがあったり、返済時のトラブルを起こしたことがある人は、増額の依頼をしても受け付けられないことがあります。

 

キャッシングで増額をしてほしい時は、期日までに返済をすると同時に、必ず今の自分の収入で払える金額にとどめましょう。

 

借りたお金は確実に返せるように、限度額の増額をしたとしても、完済までの計画はしっかり立てることが肝心です。

キャッシングの限度額を増額する方法

キャッシングで借り入れできる金額が増額できるなら、しておいた方が良いのでしょうか?

 

キャッシングを利用する時は、審査を受けて借り入れ上限額を決定し、その金額以下の借り入れになります。

 

この限度額は申込み時の希望金額に応じて決まりますが、必ずしもその通りになるとは限りません。

 

キャッシングを利用する時は、総量規制について知っておく必要があります。総量規制とは、年収の1/3が金融会社から借りている金額の合計になるというものです。

 

総量規制は、国が定めた法律で決められていますので、金融会社がそれ以上の金額を貸すと違法になります。

 

逆に言えば、総量規制以下なら増額の余地があるということです。キャッシング会社は、過去の利用履歴を重視します。

 

そのため、キャッシング初心者の人が総量規制ぎりぎりまでの融資は受けられません。

 

総量規制までまだ余裕がある限度額での契約では、毎月の返済日をきちんと守ってある程度の期間利用し続けていると、限度額の増額の案内が来ることがあります。

 

増額の話が持ち込まれていない時でも、自分から増額の希望を出せば認められることもあります。

 

もっと高い限度額でキャッシングを利用したい時には、一度キャッシング会社に問い合わせをしてみましょう。

 

借りたお金をきちんと返すというサイクルを何度か繰り返していれば、キャッシングのほうが増額の話を持ち込んできます。

 

一方、客側からキャッシングの利用額増額の希望を出した場合、初めて借りてから半年くらいは使っている必要があります。

 

借り始めてから現在までに、延滞などのトラブルを起こしたことがなく、かつ、限度額ぎりぎりの融資を受けたことがある人は、増額の見込みがあります。

キャッシングの増額審査を通過するために重要なポイント

キャッシングの限度額を増額するには審査の受け直しが必要ですが、結果的に断られることもあります。

 

金融会社の立場からすればば、借したお金が返ってこないとなったら損をしますので、審査で返済能力を見極めることは重要です。

 

金融会社も、貸し倒れリスクの高い人ばかりに融資を行っていると損が膨らむばかりですので、審査で返済能力の程度を見極めています。

 

電話で申し入れたり、ホームページを利用して、キャッシングの増額を頼むことができます。

 

キャッシングの審査は何日かかかりますので、今すぐ融資を受けたいという人は他の方法を選ぶ必要があります。

 

増額のために審査を受けたものの、金融会社からのOKが出なかったという人もいます。

 

キャッシングの増額を申し込んでも審査が通らない理由は人それぞれですが、返済を遅らせたことがある人は難しいようです。

 

高額の融資を希望すると、そのせいで審査を通れなくなることもあるようです。

 

金融会社は、1年間の収入が不安定だったり、少ない人にたいしては、小口の融資で留めたいと考えます。

 

場合によっては増額のためにキャッシングの審査を受け直したところ、これ以上の融資が認められなくなることもあります。

 

今まで、キャッシングの借り入れをした時に延滞したことがある人が、再審査を受けることは逆効果かもしれません。

 

現状の自分を審査された時にどんな結果が出るかを見通しを立てた上で、増額のための再審査の申し入れをすることが重要です。

トップへ戻る