クレジットカードの審査方法とは?

クレジットカードを新しくつくるためは、カード会社の審査をクリアしなければならない仕組みです。

 

最初に申込みした際の審査基準は、クレジットカード各社とも様々で、すべて同じという訳では無いようです。

 

クレジットカードの審査で最低限必要なものは、名前、住所、電話番号、勤務先、勤続年数、職種、役職、年収、居住年数、住居形態などです。

 

当然ですが、年収や、勤続年数を偽ると、クレジットカードの審査に通ることができません。

 

ただし、数字を記載する場合には、多少であれば水増しをしても問題はないという場合もありますので、状況次第です。

 

給与が定額ではない働き方をしている人なら、年収の申告が多めになったとしても、嘘をついたとはいえません。

 

数字が変わりようがない勤続年数などは、事実と異なる情報を書かないようにしましょう。

 

新規の顧客に足してクレジットカードの審査を行う場合、年齢や、年収、勤務先などの情報を吟味して、審査の結果を出します。

 

申込み時の審査は、クレジットカード各社のそれぞれ独自の基準があるので、その基準をクリアしてはじめてクレジットカードが利用できるようになります。

 

記入の不備で、通らないこともあるので、申し込む際はできるだけ正確に記入することで、審査が通りやすくなります。

 

クレジットカード会社は、情報の内容に点数をつけて、合計点数が一定基準を超えているかを調べる、スコアリングという手法を使っています。

 

スコアリングは勤続年数や、年収など個別に設定されており、それぞれの点数を算出した上で、クレジットカードの審査に通るかを決めます。

 

最終的にクレジットカードの審査に通るかどうかは、スコアリング調査と合わせて、今までキャッシング返済を遅延したことがあるかや、他社借入件数も審査要素となります。

クレジットカード審査のチェックポイントって?

どんなクレジットカードでも、必ず申込みには審査がつきものですが、審査で行っていることとは何でしょうか?

 

クレジットカードを申込みした人の属性がチェックされます。

 

年齢や勤め先、年収額などを中心に点数をつけて、個人の信用レベルを測ります。

 

特に勤め先の情報は、安定した収入があるかどうかを見極める重要な情報になります。

 

会社の規模や、その会社にどれだけの期間勤めているか、雇用の形は正社員か、臨時雇用なのかといった点も、クレジットカードの審査では大事なところです。

 

現時点での、キャッシング利用状況も重要です。他社借入状況を確認するために、信用情報会社からキャッシングの利用状況を照会します。

 

信用情報会社では、ローンの利用歴や、返済歴をチェックすることができます。返済トラブルの経験がある人は、審査をクリアしづらくなります。

 

間をおかずに立て続けにクレジットカードの申込み手続きをしていると、信用情報会社にそのデータが残っていて、審査で断られる原因になったりします。

 

その理由は、新しく借入したお金で、借金を返済する自転車操業に陥っている可能性を疑われるからです。

 

申込みをした人の居住形態も審査時には確認される点です。

 

もちろん賃貸住宅よりも持ち家のほうが有利になります。審査を通過しやすくするには、一つの家に長く住んでいたほうが、信用の高い人だと思われがちです。

 

一人暮らしの人より、両親と一緒に暮らしている人のほうが、連絡を取りやすくなるぶん、審査ではよいほうに評価されます。

 

金銭的な状況が悪くても返済を続ける意思力と、収入、責任感があれば、クレジットカードの審査では有利です。

クレジットカードの審査とカード選択

もしも、初めてクレジットカードを使用するなら、まずは審査を受けて、クレジットカード会社からカードを発行してもらわねばなりません。

 

何らかの理由で無職になったり、安定した収入が無いという場合には、審査に通ることが出来ずクレジットカードが利用できない場合があります。

 

最近はインターネットで個人情報を入力して、クレジットカードの審査を待つというシステムも主流になってきています。

 

以前と比べて、クレジットカードの申込み手続きも手軽になり、審査の結果も早く出るようになったといいます。

 

クレジットカードの申込みをした時は、どういった審査が行われているかを確認しておくことが大事です。

 

クレジットカードの申込み手続きで心がけておきたいことを知っていれば、速やかに審査を受けられるようになるでしょう。

 

あらかじめ、申込時に注意すべことや、審査の大まかな内容を確認することができれば、審査で戸惑うことはありません。

 

お金を支払う際の決済方法がクレジットカードであれば、何かと便利な場面も多くなっていて、今ではほとんどの人がクレジットカードを所有しています。

 

旅行をした際など普段とは異なる遠く離れた地域での飛行機や列車、バスなどのチケットも容易に購入することが可能になるのです。

 

以前は、高い買い物の時だけクレジットカードを使うもので、お金持ちの人の持ち物でしたが、今では多くの人がクレジットカードを利用しています。

 

クレジットカード会社のサービス内容も多様化しており、日々の買い物に気軽にカードを使う人や、高額の買い物をよくする人など、使い方に合わせて自分に合ったクレジットカードを選ぶことができます。

 

クレジットカードの申込みをする時には、ポイント特典や割引サービス、保険などの付帯要素のも目を向けて、どのクレジットカードの審査を受けるかをよく考えるようにするといいでしょう。

トップへ戻る