クレジットカード会社と申し込み時の審査

各会社によって、クレジットカードの審査内容はバラバラであることは重要です。

 

新規のクレジットカードをつくる時には審査が必須ですが、審査の内容は各社独自のものとなります。

 

審査のハードルを最初から高く設定しているクレジットカードもあり、一定以上の年収がなければ断られてしまうところもあるようです。

 

クレジットカードによっては、審査の基準が非常に高くなっているために、持っているだけでステータスにもなるほど、付加価値が高いものもあります。

 

クレジットカード会社の発行するカードにもランキングがあるといっても良いでしょう。

 

クレジットカードは、自分の買い物行動をより便利にしてくれるために存在するものですので、どんなカードが自分のニーズに合っているかで選ぶといいでしょう。

 

同一会社が扱っているクレジットカードでも、サービスの内容によっては審査に通る時と、通らない時とがあるものです。

 

クレジットカードの審査申し込みをする時には、自分自身の信用能力を大まかに判断した上で、審査でOKが出そうなところを探してみる必要があります。

 

クレジットカードの申し込みをしたけれど審査に断られてしまったという場合、直後に別会社の申し込みをすると断られることがあります。

 

クレジットカードの申し込み情報は、各金融会社同士で共有されています。

 

そのため、一旦審査に落ちた後だと、他の金融会社からも警戒されてしまいます。

 

ですから、クレジットカードに申し込む時には、確実に条件をクリアしていると思われる会社のカードに申し込みをすることが大切です。

 

つくりやすいクレジットカードを一定期間利用し、優良顧客であることを証明してから、よりよいクレジットカードに切りかえることも可能です。

クレジットカード契約に関する基礎知識

クレジットカードを初めて契約するとなった場合、いろいろ分からないこともあるかと思います。

 

初めてクレジットカードをつくる場合、申し込み時の手順について、知っておくと便利なことがあります。

 

最近は、クレジットカードの申し込み方法がたくさんありますが、インターネットからの申し込みを積極的に利用したほうがお得なことが多いようです。

 

クレジットカード会社によっては、インターネットからの申し込み限定のキャンペーンを行っている場合があります。

スポンサーリンク

郵送とは異なり、クレジットカードを手に入るまでにも時間がかからないのもメリットです。

 

本人確認ができる書類や、支払い用の銀行口座など、クレジットカードの申し込み時に必要になる情報がいくつかあります。

 

インターネットから、それぞれ必要な項目を入力していきますが、くれぐれもミスのないよう気をつけましょう。

 

審査は、全てのクレジットカード会社がカード発行時にしているものですが、在籍確認のため電話連絡をすることがあります。

 

書類に記された勤務先に、本当に勤めているかどうかを知るために、行う手続きが在籍確認です。

 

申し込み時の審査の結果については、メールや書面で伝えられ、その後郵送によってクレジットカードを受け取ることになります。

 

クレジットカードを受け取った段階で、銀行口座の登録手続きが完了してない場合は、別途口座振替依頼書の返送が必要になります。

 

クレジットカードの裏には自分の名前を肉筆で書くためのスペースがありますので、忘れずに名前を書いておきましょう。

クレジット会社との契約は支払い能力

クレジットカードの申し込みにおいては、審査が通ることもあれば落とされてしまうこともあります。

 

審査の基準はクレジットカード会社によって違いますが、収入や、勤続年数などから、返済能力の有無を調べています。

 

クレジットカード会社の審査をクリアすれば正式に契約を交わすことになり、送付されるクレジットカードでの決済ができるようになります。

 

信用によって成り立った契約によって発行されたクレジットカードは、それを使ってもその場で現金を支払うことなく、後払いが可能になります。

 

クレジットカードを使った買い物では、お店側は客からはお金をもらわず、カード会社に請求します。

 

新規でクレジットカードを発行する際には審査があるものの、カード決済時には審査をすることはありません。

 

この点はメリットと言えますが、注意すべき点もあります。

 

クレジットカードがあると気軽に買い物ができるので、軽い気持ちで買い込み過ぎてしまうという人も少なくないようです。

 

月の締め日の請求金額を見て、こんなに使ったっけと頭をひねってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

クレジットカードを利用した場合には、月々どのくらいの金額になるのか、把握しておくことが重要です。

 

カード会社からすれば、クレジットカードで買い物をしておいて返済ができない顧客には、サービスを提供し続ける意味がありません。

 

クレジットカードを利用した後に、カード会社への支払いができなくなった場合、契約終了されてしまうだけでなく、ローンの審査で不利になることもあります。

トップへ戻る