ローンを組む際の担保と借入時の審査

今買わなければ間に合わないという商品があって、その商品を買うためのお金が不足している場合は、どういう解決方法があるでしょう。

 

最近は、ローンを使って、金融会社からお金を借りる人という方法もよく使われています。

 

テレビや冷蔵庫などを買ったり、車を購入する時は、資金が必須になります。

 

人によっては、家を買うためのお金を確保するために、住宅ローン融資を受けるということもあります。

 

手持ちの資金が不足している場合でも、ローンがあれば足りない分をまかなうことができますが、返済を滞らせてはいけないこと、利息が加算されることは理解しておきましょう。

 

ただし、誰もがローンを組んでお金を借りられるというわけではなく、ローンには担保が必要なときもあります。

 

金融会社の中には、担保がなくても融資はできるけれど、担保があったほうが金利が低くなり、貸付条件が緩和されることもあります。

 

いつもより多めに借りたい時には担保を入れるなどすると、低金利で借りられるようになって得ができることもあるでしょう。

 

不動産に抵当権を設定した上で、住宅ローン融資を受けるというものもあります。

 

担保に使える財産を持っていなくても、これから購入する不動産で担保にできるという考え方です。

 

不測の事態が生じるなどして、ローンの返済が継続できなくなった場合は、担保にしていた不動産の所有権が金融会社へと移ります。

 

ローンの返済が終われば、担保の設定を終了します。

 

いずれにしろ、不動産を担保としてローンを利用する時は、高額な借り入れや担保についてのリスクを理解しておく必要があります。

クレジットカードも会社選びで気をつけたい点

自分が求めるサービスを提供していくれるクレジットカード会社であるかは、クレジットカード選びでは大事です。

 

新しくクレジットカードを作りたいと検討している人たちは、どこのカード会社がいいのかということを比較検討することになると思います。

 

そのクレジットカード会社の選択によって、利便性や特典、いろいろな面での活用方法が大きく変わってくるからです。

 

利用頻度や、使い勝手がよくわかっていないクレジットカード初心者のうちは、年会費の発生しないクレジットカードを選んでおくと無難ではないでしょうか。

スポンサーリンク

利用頻度が高くなりそうなサービスがついているかや、ポイント還元率が高いかどうかなどが、クレジットカード選びの基準になります。

 

ポイントの貯まり方のいいカードや、優待サービスがついているカードでも、そのサービスが使えるお店に行くことがなければ無意味です。

 

付帯サービスをよく使えそえうなクレジットカードにしましょう。

 

旅行や、出張など、しょっちゅう海外に出かけているという人なら、海外旅行損害保険が利用できるクレジットカードがお勧めです。

 

旅行中にトラブルが生じた時に相談できるサポートサービスや購入した商品に対する補償制度など、ありがたいメリットも少なくありません。

 

海外でアクシデントに遭遇しても、クレジットカードに付帯している保険でカバーされるのであれば、安心して旅行に行けます。

 

付帯ポイントがある場合は、ポイントの活用方法や、ポイントの入り方が、カード会社によりまちまちです。

 

日頃、よく使うお店と提携しているようなクレジットカードにすることで、割引サービスが使いやすくなったり、ポイントが多く入ったりします。

 

ポイントで何ができるかもクレジットカードごとに違います。割引サービス利用時の換金率や、景品カタログの内容などを調べておくといいでしょう。

クレジットカード会社は還元率で選ぶのがポイント

使いやすいクレジットカードを探す時には、そのクレジットカードの付帯サービスに着目するといいでしょう。

 

比較して最も使い勝手が良く、お得に利用できる会社を選ぶのがおすすめです。

 

様々なサービスがカードによってついていますので、よく使いそうなサービスのついたクレジットカードにすることが、今後の使いやすさにつながります。

 

普段使いのスーパーが決まっている人や、定期的に利用する通販サイトがあるという人は、クレジットカードが提携しているかどうかも把握しましょう。

 

クレジットカードでガソリン代金の支払いができるなら、いつも同じお店に入って精算することで、割引率が高くなったり、手続きが便利になったりと、様々なメリットを考えることができます。

 

ポイント付帯サービスがついている場合、還元率は会社ごとにがらっと違います。

 

ポイントのつき方は、クレジットカードを支払いをした時になりますので、カードの使い他によってもポイントの溜まり具合は違います。

 

なるべくポイント還元率の高いカード会社を選んでおくのがおすすめです。

 

還元率はクレジットカード会社ごとにバラバラですが、1%も還元率があればかなりお得な買い物になります。

 

ポイント還元率の高いクレジットカードにするには、年会費がいるかも関係しています。

 

どんな使い方が想定しているポイントなのかを調べることで、ポイントを増やす意味があるかがわかります。

 

カタログを見て、景品とポイントを交換する方法は昔から一般的ですが、近年では精算時の割引に使えるクレジットカードもあります。

トップへ戻る