クレジットカード お金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りる方法

現金を借りることのできるクレジットカード

キャッシング枠があるクレジットカードは、カード決済ができるだけでなく、キャッシング機能もあります。

 

現金をすぐに調達したい時に、クレジットカードを利用してお金を借りられるというものです。

 

キャッシング枠はクレジットカードの申込みをした時に、自ら不要だと申し出た場合を除いて、審査によって設定されます。

 

画像1

いくらまでの借り入れができるかは、カード発行の段階で決定されています。

 

クレジットカードの中には、ショッピングとキャッシングで上限枠を分け合っているタイプもあります。

 

たとえば限度額一杯までショッピングで利用してしまうとキャッシングでお金を借りることはできません。

 

大抵のクレジットカードは、リボ払いか、翌月一括払いでのみ精算が行われて、支払いを請求してきます。

 

月々の返済金額は大体同じくらいになるので、カード利用額によって月々の返済金額が変動したりはしません。

 

ショッピングでの利用時と同様に、原則的にそのクレジットカードで指定している銀行口座からの引き落としでの返済になります。

 

多くの店舗は、クレジットカードでの買い物を推奨しており、手数料が値引きされたり、より安くものが買えたりというサービスもあります。

 

一旦リボ払いを選択すると、利息が高く設定されていて返済総額が非常に高くなってしまうこともありますので、できればできるだけ早く一括で返済をするようにしましょう。

 

 

急に現金が必要になった時は、キャッシング枠が使えるクレジットカードを持っていれば、すぐにお金を借りられるので大変便利です。

キャッシングとカードローンの違いについて

金融会社から借りられるカードローンと、クレジットカードのキャッシングの差はどこにあるでしょう。

 

財布の中の現金がこころもとない時などに、軽い気持ちでクレジットカードのキャッシング機能を使う方がいます。

 

現金融資を受けたい人には、カードローンのほうが利便性が高く、借りやすいと宣伝してくる業者もあるようです。

 

画像2

クレジットカードのキャッシングと、カードローンに差がないように見えれば、どちらがいいかはわかりません。

 

クレジットカードの本来の使い方は買い物をする時の決済代行用であり、キャッシング機能はプラスアルファの要素です。

 

クレジットカードによっては、キャッシング枠があまり高くなっていないものもあります。

 

一方で、カードローンは現金融資のためのカードであり、ショッピング時には使えません。

 

カードローンの利用限度額は、クレジットカードのキャッシング枠よりもずっと高くなっていることが多いようです。

 

返済時に上乗せしなければいけない利息は、カードローンで借りたほうが少額で済みます。

 

なので、頻繁にキャッシング機能を利用しているという人は、カードローン用のカードをつくったおいたほうがいいでしょう。

 

カードローンの審査は、クレジットカードの審査とは別に行われますので、人によってはカードローンの審査に通れないということがあるようです。

 

ローンを利用する時も、クレジットカードをつくる時も、審査を受ける時には落ちる可能性があることは覚えておきましょう。

クレジットカードでお金を借りる方法

キャッシング機能が付帯しているクレジットカードを使えば、いざという時にお金を借り入れることが可能になっています。

 

カードでお金を借りる方法としてよく知られているのはカードローンですが、クレジットカードにも借入れ機能が付いているのです。

 

クレジットカードにはキャッシング枠が設定されており、枠内の金額なら繰り返しお金を借りることができるという仕組みです。

 

画像3

使い方はカードローンを同じで、クレジットカード会社と提携しているATMで、現金を引き出すことができます。

 

ATMからの操作なので、預金口座からお金を引き出しているような気持ちになります。

 

クレジットカードのキャッシング枠は簡単に利用できますが、一般的なローンよりは利用限度額は少な目で、比較的高金利です。

 

クレジットカードの精算日と、キャッシング枠の返済日は同時になりますが、一括も可能ですし、分割でも返済できます。

 

分割払いにすると、毎月元金定額に加えて借りた金額に付加する利息を支払う形になります。

 

クレジットカードのキャッシンク枠は金利が高めに設定されていますので、長期間借り続けていると利息がどんどん増えることには注意しましょう。

 

また、クレジットカードでいつでもATMで、気軽に現金を借りることが出来るので、使いすぎてしまうケースもよくあります。

 

軽い気持ちがお金を借り続けていると返済に首が回らなくなってしまいますので、借りすぎないように注意をしてください。

 

頻繁にキャッシングを利用しているという人は、クレジットカードのキャッシング枠を使うのではなく、キャッシング専用のカードをつくったり、ローンを組むなどすべきでしょう。

トップへ戻る