キャッシングで払いすぎた過払い金を請求することができる

もしも、キャッシングの払い込みが過払い状態にあるなら、請求ができます。

 

かつてキャッシングを利用している人や、長期間にわたって借り入れを行っている人の中には、利息の過払いをしているという人が多いようです。

 

キャッシングの過払い請求は、返済が終わってからある程度の期間を超えると、受け付けられなくなるようです。

 

画像1

キャッシングの過払い請求を気づかないうちにしてしまった可能性があるか、確認してみてください。

 

今までのキャッシング関係の書類が残っていれば、一式まとめてキャッシングの過払い金の請求相談で話を聞いたほうが早いでしょう。

 

キャッシングの利息は一昔前まで、かなり高く設定して貸し出ししている業者もありました。

 

法律が見直されて、金融会社のキャッシングが金利が高くなりすぎないようにしました。

 

その結果、キャッシングの利息を高く支払いすぎたという人がふえてきて、過払い請求も行われるようになりました。

 

何年かにわたってキャッシングの返済を続けていると、どの融資に対して過払いをしていたか、はっきりさせたほうがいいことがあります。

 

過払い請求のお金が受け取れるなら、ぜひもらいたいものです。金融会社に利息として支払ったものは、過払い請求をしなければそのままです。

 

払いすぎたお金を無駄にしないためにも、心当たりがある場合は、弁護士や自治体の相談機関などに相談してみると良いでしょう。

キャッシングの過払い金請求が行える条件とは?

長期にわたってキャッシングを利用している人の中には、過払い金があるかもしれません。

 

この過払い金とは本来支払わなくてもよかった分の金利のことです。

 

超過金利分の利息を支払っていたなら、条件が合致すれば過払い金の返済ができることがあります。

 

けれども、10年を越えると時効になっていますので、気をつけなければいけません。

 

画像2

過払い請求ができるのは、最後の返済日から10年以内と決められています。

 

つまり、現在でもそのキャッシングを継続して利用している場合は、まだ時効は始まってもいないということになります。

 

もしも、もう返済が終わっているという人でも、10年以上たっていないキャッシングなら、請求ができます。

 

過払い金請求を行える時効としては10年ですが、過払い金自体は10年以前まで遡り、全ての期間に対して請求することができます。

 

請求をするための時効を迎えていなければ、対象期間はどこまでもさかのぼることができます。

 

過払い金を請求することは、完済後の手続きとなっていますので、完済前のキャッシングは、対象になることはありません。

 

キャッシング会社から過払い分を返してもらうのは、こちらの支払いが一旦終わってからの話になります。

 

現在でも利用中の場合は、完済後まで待ってから過払い金の請求を行うことをおすすめします。

キャッシングの過払い請求が行える可能性

過払い請求の広告をテレビなどで見かけることは少なくないですが、請求方法はどういうものでしょう。

 

過払い請求には時効が設定されていますので、まずは自分が請求が可能かどうかを確認しなければなりません。

 

キャッシングの過払い請求には時効が設定されています。最後の返済日から10年以内でなければいけません。

 

画像3

もしも過払い請求をしたい場合は、キャッシング会社に支払った金額を確認し、過払い請求が可能かを調べることです。

 

過払い請求は、以前利用したキャッシングの返済金についてのことですので、借入時期や、最後の返済日、その後のキャッシング利用状況などで、わからなくなることがあります。

 

そんな時は、弁護士などに相談してみる事をお勧めします。もしも必要書類を持っていないという時でも、話を聞きに行くといいでしょう。

 

自分からのアクションをしないでいたら、過払い金の時効を迎えてしまったとあってはもったいない話です。

 

とはいえ、キャッシング融資をしていた金融会社が存在していない時には、請求を行うことが不可能になります。

 

請求相手がいなければ、過払い請求の権利があっても、行使ができません。

 

また、貸付先のキャッシング会社が法律を遵守する気がなければ、請求をしても支払ってもらえないでしょう。

 

キャッシングなどの過払い金請求を行う場合、過払い金を取り戻す事が出来ない場合もある事もあります。

トップへ戻る