クレジットカード決済とは?

現金を使わず、クレジットカードで支払いをすることをクレジットカード決済といい、最近は多くの人が利用しています。

 

所持現金が足りない場合や、まとまった金額の買い物をしたい時などに、クレジットカードを使えば、今この場での精算は済ませられます。

 

思いがけず買いたいものが見つかった場合だけでなく、高い買い物だけれど今すぐ欲しいという場合でも、クレジットカード決済を利用すれば、欲しいものが買えます。

 

例えば、急な夕食の誘い、気にいった物がたまたま見つかった時などに限って、現金の持ち合わせがないというケースが起きる場合があります。

 

自分一人の問題なら我慢もできますが、他人が絡む出来事にお金が必要なら、何とか捻出したいと思うものてす。

 

時には、全額一度に支払うには、家庭の財政的にリスクか大きい買い物があります。

 

オーケー左

クレジットカードの分割払いを利用すれば、支払いの負担を軽減てきます。

 

クレジットカード決済の利点は、何回に分けて支払いをするかを、こちらの意向で選択できることです。

 

こまめに返済しなければならないのはちょっとちょっと大変ですが、自分にとって支払いやすい形にすることができます。

 

ネットを利用した通信販売では、クレジットカード決済に対応することで、支払いの手続きをスムーズにしています。

 

代引きや、銀行振り込みでの支払いは手数料が発生するため、クレジットカード決済はお得な買い物ができるのです。

 

反対に、ネットショッピングでは、クレジットカード決済が出来ないと、買えないということもあります。

 

クレジットカード決済ならば、現金による支払い手続きも必要ないので安心で、とても便利であるといえます。

 

多くの人が、日々の買い物にクレジットカード決済を使っています。

 

食事に、買い物に、通販にと色々な局面で使えるクレジットカードは、今では私達の消費生活になくてはならない存在です。

 

使う必要がない人が無理矢理使うことはないですが、いざという時にクレジットカード決済ができると助かります。

クレジットカード決済って危険?

クレジットカードを使った決済はとても便利なため、たくさんの人が使っています。

 

一人で複数枚のクレジットカードを持ち、使い分けているという人もいます。

 

人によっては、現金決済をしていた時よりも気軽にクレジットカードで支払う人もいます。

 

どんな点に配慮してクレジットカードを使うことが、快適な消費生活のためには必要でしょう。

 

クレジットカードは、気軽に使えるからこそ、心がけておきたいことがいくつかあります。

 

クレジットカードの決済だと、商品を簡単に購入できてしまうということで、後々の支払いの管理を怠ると大変なことになっていまいます。

 

かつては、欲しいものや受けたいサービスがあっても、現金の持ち合わせがなければ購入を諦めるしかありませんでしたが、クレジットカードがあれば、いつでも物が買えます。

 

クレジットカードで支払える限度額いっぱいまでの買い物をしたという方も、意外と多いようです。

 

ダメ右

もしもクレジットカードがなければ買わなかったのに、という買い物は珍しくはありません。

 

クレジットカードでの支払いがメインになり、現金の管理がおろそかになると、支出過多になる可能性があります。

 

後先考えずにクレジットカードを利用していると、口座に入ったお金が右から左へとどんどん流れていって、何も残らなくなってしまうでしょう。

 

クレジットカード決済がそれほどよく行われていなかった頃は、収入と支出のバランスはもう少しとれていたようです。

 

しかしながらクレジットカードによる決済をすると財布から現金が出て行った訳ではないので、お金を使っているという感覚が薄くなりやすくなります。

 

漫然とクレジットカードで決済をしていると、今月のカード利用高が曖昧になってしまいがちです。

 

クレジットカードを使う時は計画性を重視して、1カ月後の引き落とし金額を見ておたおたすることがないようにしてください。

クレジットカード決済で注意することは?

クレジットカードの決済はとても使いやすいので、慣れてくると軽い気持ちでどんどん利用してしまう人が少なくありません。

 

時折、高額な買い物をするというだけでなく、支払いが困難になるほどの買い物をしてしまったという人がいます。

 

人によっては、クレジットカードを何枚も使っているために、今月はいくら払わなければならないかわからなくなったりします。

 

返済日が近づくたびに、口座の残高をチェックしなければならないという事態に陥ると、手間のほうがかかることになります。

 

いくらクレジットカード決済が簡単で便利とはいっても、商品を購入する時には返済が可能かどうかをまず考えて、慎重に利用することが大切です。

 

最近は、カード情報を読み取って、勝手に使用されてしまうことがあります。

 

ポイント右

記憶にない決済が載っていないか、クレジットカード会社からの明細書は一つ一つ確認して、不自然なところがあればすぐに対応をすることです。

 

クレジットカードの支払い方法は色々ありますが、最近はリボルビング払いという支払い方法を選ぶ人が多いようです。

 

クレジットカードを持つ人の中には、リボ払いと、分割払いは同じようなものだと思っている人もいます。

 

何度かに分けて支払うという点では似ていますが、それ以外の点では大きな差があります。

 

分割払いは、まず完済までの返済回数を決めます。決まった回数の返済で、支払いが終わるようにするのです。

 

リボ払いは返済回数では無く、月々の支払い金額を決めて支払う物です。

 

ですから、クレジットカードの利用回数が増えると、返済期間が長くなり、その分だけ金利も増えてしまいます。

 

クレジットカードの決済額にかかわらず返済を一定に維持できることがリボ払いの利点ですが、返済が遅々として進まないという状況にもなりかねません。

 

その場のことだけを考えるのではなく、クレジットカードで決済をした後のことまで想定した上で、カード決済をすることです。

トップへ戻る