クレジットカードの選び方

多種多様なクレジットカードがありますが、どんな選び方をするといいでしょう。小さな買い物でもクレジットカードを使うようになって、決済の頻度が多くなっています。

 

日頃の購買行動を改めて確認することで、どんなクレジットカードが使いやすいかがわかります。

 

日用品をどこで買うか決まっているという人は、その日用品を売っているお店のクレジットカードを発行してもらうといいでしょう。

 

オーケー左

細かいお金のやり取りをせずとも、クレジットカードを使えは気軽に買い物が可能です。

 

ポイントがつくクレジットカードの場合、普段通りの買い物をしていればポイントになっていきます。

 

航空会社のクレジットカードは、飛行機を使う機会が多いという人におすすめのカードです。

 

空港ラウンジの使用が可能なクレジットカードや、旅行保険のついたクレジットカードが航空会社のカードの魅力です。

 

航空券を買う時にクレジットカードを使うことで、マイレージがたまるというとこもあるようです。

 

車での移動の機会が多いという人は、自動車会社や、ガソリンスタンドのクレジットカードを利用するといでしょう。

 

クレジットカードのポイントが車検費用や自動車整備に使えたり、クレジットカードでガソリンを買うと値引き額が増えたりします。

 

クレジットカードの発行元がどんな会社かによって、サービスや割引の内容は様々ですので、カード選びの参考にしてください。

 

どんなサービスがあるクレジットカードかという選び方は、日々の生活を一層便利にするでしょう。

クレジットカードを複数枚の選び方

幾枚かのクレジットカードを使い分けている人も増えていますが、使い分けを前提としたクレジットカードの選び方とは、どうすればいいでしょう。

 

不要なクレジットカードを何枚も持っていると管理がおろそかになりますし、年会費だけがかかる場合もありますので、必要な枚数だけを持っていたいものです。

 

現在、所持しているクレジットカードのうち、使っていないカードはないか、チェックしてみるといいでしょう。

 

ポイント右

数枚のクレジットカードを所持している人は、その全てを活用しきれているか、不要なカードはないかを調べましょう。

 

仮に複数枚のクレジットカードを持つならば、国際ブランドは互いに違うものにしたほうが、効率がいいようです。

 

一枚目のカードが利用できない場合でも、2枚目移行のカードが使えるでしょう。

 

日頃から行く機会が多い百貨店などがある場合、それらの店が発行しているクレジットカードをつくることで、買い物の利便性を高めることが可能になります。

 

何枚かのクレジットカードを同時に使っている場合、常日頃はメインカードを利用し、割引や特典が必要な時だけサブカードを使います。

 

クレジットカードに、キャッシングの機能が付帯しているものを2枚目にする選び方もあります。

 

紛失や、盗難など、不測の事態が生じて一枚目のカードが使えなくなった時用に、2枚目のクレジットカードを常に持っているという人もいるようです。

 

クレジットカードをキャッシングらにも使うつもりがあるならる、銀行ATMで利用できるものが便利でしょう。

 

メインのクレジットカードのほかに、サブのクレジットカードを持ちたい場合は、サブのカードをどんな用途に利用するかを考えて選び方を決めるのがおすすめです。

クレジットカードの選び方の注意点

この頃は、ちょっとした買い物にもクレジットカードが使われていますが、クレジットカード会社の選び方には、心がけたいことはあるでしょうか?

 

複数枚のクレジットカードを所持している人もいますが、枚数が多いほど使い勝手がいいというわけではありません。

 

複数枚のクレジットカードを並行して申込みをしていた場合、クレジットカードの審査に引っかかることもあるといいます。

 

クレジットカードの目的が、決済を便利にしたいからであれば、一枚のクレジットカードがあれば、不便はありません。

 

ダメ左

どういったことのために使うクレジットカードかはっきりしていないと、年会費をただ払っているだけで、さっぱり使う機会がないということにもなりかねないでしょう。

 

最近のクレジットカードは、多くは年会費が無料ですが、中には年会費が必要なカードもあります。

 

使う機会が滅多にないクレジットカードで、年会費を請求されているようなものがあるなら、カードを解約して、年会費の支払いをストップしましょう。

 

クレジットカードの中には、年会費〇円のものも多いですが、持っていることを忘れているほどのカードは、リスクが高いばかりでいいことがありません。

 

クレジットカードを決める時には、年会費の有無もあらかじめ確認しておく必要があります。

 

利用頻度が高く、たまったポイントを便利に使えるようなクレジットカードは、年会費を支払ってもカードを持っていたいこともあるでしょう。

 

年会費を支払っても、クレジットカードを使って利用できるサービスが使える状態にしておきたいというものもあります。

 

どんな特典がつくか、年会費はかかるのか、割引サービスがあるかなどから、クレジットカードを選ぶ選び方もいいでしょう。

トップへ戻る